奈良、旅もくらしも

ココロトココロ/具だくさんの独創的なごはんで四季を感じて

近鉄奈良駅と新大宮駅の間、大宮通りから路地を入った場所にこぢんまりと佇むごはん屋さん。店内は中央にある分厚い一枚板のテーブルをはじめ、木を基調としたシンプルな空間がホッとさせてくれる。「元々、自然とか森とか……アウトドアが好きなんです。その趣味に合わせて木を使った店内にしようと、長年付き合いのある店舗什器などを手がける会社に素材のチョイスからお願いして内装をお任せしました」と店主の岡本さん。

▲落ち着いた雰囲気のレンガタイルのビルの1階にある
▲一枚板のテーブルは側面の節がこだわり

そんな岡本さんは、料理に手を抜かない母の姿に小さな頃から憧れを抱いていたそう。「ごはんを作って、誰かに食べてもらう」という夢はいつしか「自分の店を持つ」という目標になり、晴れて2020年6月にココロトココロはオープンした。

▲「食べてくれる人がいると思うだけで仕込みの時間が楽しいです」と岡本さん

ランチメニューは1種類(取材時のメニューは1,500円)のみ。海苔巻きや混ぜご飯のビビンパなどのメイン料理に加えて、サラダや小鉢、お味噌汁などがセットで提供される。月の前半と後半で入れ替わるメニューを「食べ逃したくない!」と足しげく通う常連さんも多い。

取材当日のランチは海苔巻きがメイン。季節の野菜を彩りよく巻いた海苔巻きは、フレッシュな梨の食感がアクセントになっていて、ドライフルーツの梨も隠し味に。意外な組み合わせに驚きつつ、初めて体験する美味しさに箸が進む。サラダに使われたイチジクソースや、ごま油と柿を和えたデザートなど、独創的なフルーツ使いが楽しい。7種のきのこが入った味噌汁や、季節の食材を使った小鉢も主役級のボリュームで満足感たっぷりだ。食材はほとんどが奈良県産のものを使い、自ら仕入れに奈良県内あちこちへ車を走らせているという。「なるべく地のものを使って、四季を感じられるようなごはんを作れたら」と岡本さんは語る。

▲濃厚な甘さのチーズケーキ(700円)は添えられた塩で味を変えながら楽しむ

カフェタイムは、手作りの麦茶プリンやチーズケーキなどのスイーツを、季節の変化に合わせて1種類提供。ドリンクはコーヒー(450円)や紅茶(600円)に加えてアルコール類もそろう。京都の人気ロースター「IWASHI COFFEE」に依頼したオリジナルブレンドは「森の中で美味しく飲めるようなコーヒー」をイメージしているという。「IWASHI COFFEE」との出会いも、アウトドアショップで販売していたコーヒー豆を購入したことがきっかけだとか。

▲奈良の陶芸家の薮本寛之さんのカップで格別な一杯を

「仕入れのために生産者に会いに行くことや、店に来てくれる人との会話も楽しい」と話す岡本さん。「フードロスをなくし、丁寧にごはんを提供したい」との想いがあり、ランチはインスタグラムのダイレクトメッセージにて前日までに予約が必要。カフェ利用は予約必須ではないが、事前に連絡をしておくと安心だ。

ココロトココロ
住所:奈良県奈良市大宮町2丁目5-15
電話:非公開(予約や問い合わせはインスタグラムにて受付)
営業時間:ランチ(要予約・2部制)①11:30~13:00 ②13:45~
カフェ 13:45~16:00
※今後新型コロナウイルス感染症に関わる状況次第で営業時間の変更あり
席数:10席
定休日:不定休 ※インスタグラムをご確認ください
駐車場:なし
WEB: https://www.instagram.com/cocolo_cocolo_/

最終更新日:2021/11/28

TOPへ
error: Content is protected !!