奈良、旅もくらしも

奈良国立博物館 特別展「中将姫と當麻曼荼羅 ―祈りが紡ぐ物語―」レポート

當麻曼荼羅への篤い信仰が伝わる特別展

奈良国立博物館で、特別展「中将姫と當麻曼荼羅 ―祈りが紡ぐ物語―」が開催中です(会期:2022年7月16日~8月28日)。

當麻寺(奈良県葛城市)は、奈良盆地と大阪を隔てる霊山・二上山の麓に位置する古刹です。その本尊「綴織當麻曼荼羅」(国宝)は、極楽浄土の姿を描いた、約4メートル四方の巨大な織物で、およそ1250年前に現れた奇跡の曼荼羅として尊ばれています。

この曼荼羅は、極楽往生を望んだ奈良時代の貴族の娘「中将姫(ちゅうじょうひめ)」が、蓮の糸を使って一夜にして織り上げたと伝わり、女人往生の主人公として、鎌倉時代から現在にいたるまで人々に愛されてきました。

中将姫物語(あらすじ)
奈良時代、貴族の娘として生まれた中将姫は、美しく清らかな心をもつ女性であった。しかし実母の死後、継母(ままはは)に疎(うと)まれ山中で殺害されそうになる。純粋な中将姫は助けられ山中で育つが、偶然父と再会し都に戻る。その後中将姫は當麻寺で出家。極楽浄土への思いを募らせていると、阿弥陀如来と観音菩薩の化身が現れ、蓮糸で當麻曼荼羅を織りあげ中将姫に極楽の姿を示す。そして中将姫は29歳のとき阿弥陀の来迎を受け無事極楽へ往生する。

今回の特別展は、綴織當麻曼荼羅の図様をもっとも詳細に伝える、江戸時代に描かれた「貞享本當麻曼荼羅」(重要文化財)の修理完成を記念したものです。

蘇った貞享本の美しい姿をじっくりと観察できるだけではなく、當麻曼荼羅と中将姫への信仰の歴史と広がりについても紹介しています。

  • 第1章:霊宝・當麻曼荼羅と中将姫の物語
  • 第2章:二大當麻曼荼羅の修理と貞享本の製作 -江戸時代の大プロジェクト-
  • 第3章:中将姫の宝物と信仰の広がり
  • 第4章:中将姫のイメージの変遷 -芸能のなかの中将姫-

特別展の開幕に先立って、会場では「貞享本當麻曼荼羅」(以下「貞享本」)を前に法要が行われました。この曼荼羅を安置する當麻寺において、古から続けられてきた祈りの形を垣間見ることができました。

重要文化財 當麻曼荼羅(貞享本)江戸時代 貞享3年(1686) 奈良・當麻寺

當麻曼荼羅は、中央に極楽浄土の姿を、周囲に『観無量寿経』の内容を分かりやすく描き、仏様の教えをビジュアル的に体感できるようになっています。
「貞享本」は、そのもととなる「綴織當麻曼荼羅」(8世紀、當麻寺)の図様をもっともよく伝える、同サイズの曼荼羅で、約3年に及ぶ修理によって鮮やかな色彩がよみがえりました。

當麻曼荼羅の中央下部には、子どもの姿の「化生童子(けしょうどうじ)」が描かれています。その愛らしい姿がちょっとシュールなイラストとなり、ポスターに登場したり、グッズ化されたりしています!當麻曼荼羅をじっくりと観察して、本物を探してみてください。

當麻曼荼羅信仰が全国的に広がるのにあわせて、盛んに複製されていきます。会場では「貞享本」と同じ絵師が描いた、江戸時代の當麻曼荼羅が三幅展示されています。
こちらはその一つ「當麻曼荼羅」(江戸時代、福井・正覚寺)です。貞享本との大きな違いは、仏様の体が金色で描かれていること。貞享本の仏様は薄いオレンジ色(いわゆる肌色)ですが、元々はこちらと同様に金色で描かれおり、後に加筆して現在の色に変更されたのだとか。見比べてみると楽しいですね。

當麻曼荼羅の修理において、たくさんの納入品が確認されました。下軸内にあったこの「當麻曼荼羅(貞享本)軸内納入文章」(江戸時代、奈良・當麻寺)など、願主や関係者による結縁の品が完成直後に納入されていました。長きにわたる當麻曼荼羅への篤い信仰が伝わってきます。

「中将姫」のイメージの変遷をたどって

会場の第1室では、現在も當麻寺の本堂・曼荼羅堂に安置されている「中将姫坐像」(室町時代、奈良・當麻寺)と、かつて安置されていた国宝「當麻曼荼羅厨子扉」(鎌倉時代、奈良・當麻寺)が揃って展示されています。

剃髪した出家後の姿を描いた「中将姫像」(鎌倉時代、奈良・當麻寺中之坊)。袈裟をまとい、念珠を手にして合掌しています。中将姫の姿を描いた現存最古のもので、後の時代の多くの人が思い浮かべる中将姫像の原型となった、とても重要な像となります。

「貞享本」の製作に深く関わった高僧・性愚が作らせたとされる「厨子入中将姫坐像」(江戸時代、京都・大雲院)。厨子扉の裏には、来迎する仏、二上山から極楽浄土に還る仏の姿とともに、蓮の花が描かれ、近世の中将姫信仰の形が見て取れます。

中将姫への信仰と敬慕は、時代を下るにつれてさらなる広がりを見せます。
室町時代には能の演目「當麻」「雲雀山」として成立し、江戸時代には浄瑠璃や歌舞伎でも中将姫を主人公とする演目が上演されました。近代では、薬品メーカー・ツムラの婦人薬「中将湯」のイメージとしても知られています。
会場では、能「當麻」に用いられる面「増女」「姥」や、文楽で用いられる中将姫の人形なども出品され、中将姫という古代の女性のイメージの変遷が見られます。

當麻曼荼羅への信仰の広がりを伝える品々も

當麻寺の歴史と信仰を伝える、貴重な寺宝の数々も展示されています。
當麻曼荼羅や寺の成り立ちを描いた「當麻曼荼羅縁起」も、當麻寺所蔵のもの、神奈川・光明寺所蔵のもの(いずれも鎌倉時代)などが並べて展示され、比較しながら鑑賞できます。

當麻寺創建の由来を描いた絵巻物「當麻寺縁起」(室町時代、奈良・當麻寺)。こちらは前身寺院(万法蔵院)を聖徳太子が行幸したシーンです。
三巻からなり、上巻は當麻寺創立、中巻は中将姫が出家を目指すまでの不遇の人生、下巻は中将姫が當麻寺で出家し當麻曼荼羅を織成するまでを描いています。絵も美しく、見ていて引き込まれます。

當麻寺では、毎年4月14日に阿弥陀如来などが中将姫を極楽浄土へ導く場面を演劇的に表現した「練供養会式(ねりくようえしき)」が、千年以上にわたって続けられています。これに関連して、仏を演じる人が身につける菩薩面4面が出品されています。中将姫への信仰は、様々な形で現在まで脈々と受け継がれています。

ミュージアムショップには、中将姫をやわらかなタッチで描いたイラストを使用したオリジナルグッズなどが並びます。當麻寺の塔頭寺院(※寺を構成する小寺院のこと)がそれぞれ製作した御朱印帳なども揃っていますので、ぜひご覧ください!

■特別展「中将姫と當麻曼荼羅 ―祈りが紡ぐ物語―」

  • 会期:2022年7月16日(土)~8月28日(日)
    ※休館日:毎週月曜日(8月15日[月]は開館)
  • 会場:奈良国立博物館 西新館
  • 開館時間:9:30~18:00(毎週土曜日は19:00まで)
  • 観覧料:
    当日:一般 1,600円、高大生 1,000円、小中生 500円
    ※この観覧料金で、会期中の名品展「珠玉の仏たち」「中国古代青銅器」、特別陳列「わくわくびじゅつギャラリー はっけん!ほとけさまのかたち」もご覧いただけます。

特別陳列「わくわくびじゅつギャラリー はっけん!ほとけさまのかたち」も必見

奈良国立博物館では、夏休みにぴったりな特別陳列「わくわくびじゅつギャラリー はっけん!ほとけさまのかたち」も同時開催されています。
仏像や仏画などに表されたほとけさまの「かたち」に注目し、ほとけさまをスケッチする、仏像のレプリカに触れるなど、子どもから大人まで体験的に楽しめる内容となっています。

解説もユニークです。ここでは重要文化財「十二天像のうち帝釈天」(鎌倉時代、滋賀・聖衆来迎寺)のファッションに注目。袖口が広い・スカートとくつを履いているなど、ポイントをわかりやすく教えてくれます。
会場で配布される専用ワークシートで、仏さまのクイズを解いたりスケッチしたり。「ほとけさまに服を着せよう!」というワークショップも毎日開催されています。夏休みの思い出にぜひお出かけください!

■特別陳列「わくわくびじゅつギャラリー はっけん!ほとけさまのかたち」

  • 会期:2022年7月16日(土)~8月28日(日)
    ※休館日:毎週月曜日(8月15日[月]は開館)
  • 会場:奈良国立博物館 東新館
  • 観覧料:一般 700円、大学生 350円、高校生以下および18歳未満 無料
    ※この観覧料金で、会期中の名品展「珠玉の仏たち」「中国古代青銅器」をご覧いただけますが、特別展「中将姫と當麻曼荼羅―祈りが紡ぐ物語―」は別料金になります。
  • 【関連イベント】ほとけさまに服を着せよう!
    内容:裸の仏像のレプリカに服を着せるワークショップです。ほとけさまはどのように服を着ているのか、その謎を解き明かしましょう!
    日時:会期中の開館日毎日(申込不要)

當麻寺では特別開扉・秘仏の御開帳など開催中

特別展「中将姫と當麻曼荼羅 ―祈りが紡ぐ物語―」開催にあわせて、當麻寺(葛城市)では、国宝「東塔・西塔」初層特別開扉、秘仏「裏板曼荼羅」御開帳などが行われています。
當麻寺の2つの塔は、日本で唯一、古代の双塔が現存する貴重なものです。博物館の展示を見て、実際にその宝物を守り伝えてきた寺院を訪れれば、より理解が深まるでしょう。ぜひ現地へも訪れてみてください。

■當麻寺 特別公開

  • 裏板曼荼羅御開帳
    ・期間:2022年7月16日(土)~8月28日(日)の全日
    ・内容:曼荼羅堂の国宝・曼荼羅厨子の裏扉が開扉され、秘仏「裏板曼荼羅」がご開帳されます。
    ・拝観料:500円(税込)
  • 国宝「東塔・西塔」初層特別開扉
    ・期間:20227月16日(土)~8月28日(日)の毎土・日曜日及び祝日
    ・内容:古代の双塔伽藍様式を示す国宝の三重塔(東塔・西塔)が、西塔修理完成後初公開されます。
    ・拝観料:無料

スタンプラリーも開催!

  • 内容:奈良国立博物館と當麻寺を巡るスタンプラリー
  • 期間:展覧会の会期中(2022/7/16~8/28)
  • 特典:全2種のスタンプを集めると、オリジナルクリアファイルがもらえます。
  • 参加費:無料

■関連ページ

中将姫と當麻曼荼羅 | 奈良国立博物館
はっけん!ほとけさまのかたち | 奈良国立博物館
當麻寺(奥院)
當麻寺(中之坊)

最終更新日:2022/07/25

TOPへ
error: Content is protected !!